おいしい どんぐり食品取り揃えています

1日3食なぜ必要なの

1日3食なぜ必要なの?

1日3食なぜ必要なの?

1日3食。
誰もが疑わないこの習慣
皆さんはなぜ1日3食なのか考えたことがありますか?
ダイエットだから2食にしているとか、
朝が遅いから2食だとか、
それでも規則正しく3食と言われるのはなぜでしょうか?

江戸時代後半に始まり、最初は武士からと言われていますが、理由は諸説あり
定かではありません
(ウィキペディアなどではそのように掲載されていますが、誰か教えてください)

栄養3・3運動

3食から関連をして
厚生労働省の運営しているサイトでは「栄養3・3運動」ということが書かれています。

この3というものは
朝・昼・夕と3食摂ること
3色食品群を摂ること という意味
3食は赤・黄・緑

赤色の食品:血や肉をつくる食品
黄色の食品:働く力になる食品
緑色の食品:体の調子を整える食品

これを唱えたのは昭和27年、終戦直後の食料不足を考え、食から摂る栄養素の大切さを伝えたものだとのことです。

健康に良い規則正しい食生活を

1日3食と栄養3・3運動、ともにこれは栄養を摂って欲しい
栄養を摂ることは健康促進へとつながることになります。

1日3食摂る、これを3回摂ればいいのかというと少し違い
3食摂る時間を定めて規則正し食生活が大切なのです。

規則的に3食を摂るということは
食事からの栄養を体に吸収させ腸内環境を整えることに繋がります。
腸内環境が整えば自律神経も安定をする
心に安定は健康へも繋がります。

1日3食と摂るということは、栄養とともに心(気持ち)を整えるためのものでもあるということです。


健康に良い規則正しい食生活とは | 健康長寿ネット 

食事バランスガイドをご存知ですか?

1日3食のお話から、食事の中身 食事のバランスについて
先ほどは厚生労働省から引用させていただきましたが、
今回は農林水産省から「食事バランスガイド」というものが出されています

このような図です



1日に、「何を」、「どれだけ」食べたらよいかを考えるための図だそうで
1日2,200kcal とした場合 主食、副菜、主菜などの摂取の量を表したものです。

ここのコンテンツはさらに食育や料理に関することも書かれていてとても参考になります。

成分バランスを考えたどんぐり

 

 

最後に、このオーガニックどんぐりで取り扱っている
どんぐりの成分バランスをご紹介
どんぐりは決してちまたで話題のスーパーフードではありません
しかし、自然の恵みを自然を壊さず、添加物の入っていない食材です。
1日3食のお話をさせていただきましたが、どんぐり食品の中でおすすめなのが
オートミールリゾットです。

どんぐりの成分とともにご紹介いたします。

1日3食の必要性

人が生活するにはリズムが大切
そのリズムの一つは食を摂り消費するという生き物としての活動
3食が科学的に適正なのかはおいておいて、江戸時代後半から100年以上続く習慣を守っていきたいですよね。

関連投稿

  • 待つこと
    待つこと

    寒くなってきました。もう春が待ち遠しいです。 熊さんは冬眠する前に「どんぐり」を集めます。どんぐりが少ないと、熊さんは食べ物を求めて山から下りてきます。 人間の都合でどんどん山を切り開いていると、結果的に人間が困ることが起きます。自然...

  • 縄文クッキーは縄文時代のロマン?
    縄文クッキーは縄文時代のロマン?

    縄文クッキーは縄文時代のロマン? 皆さん縄文クッキーってご存知ですか?・縄文デザインのクッキー?・縄文味のクッキー?正解は、縄文人が食べていたと言われるクッキーを元に現代風にアレンジされたお菓子のことです。縄文時代のクッキーを食べると...

  • リラックスってとても大切
    リラックスってとても大切

    リラックスってとても大切 今やストレス社会それに加えて外出や活動に制限がかかっている今ストレスを軽減させて楽しい毎日をすごしたいですよねここでは、リラックス効果というテーマでストレスの軽減やリラックスをするための方法についてお伝えいた...